キャリーバッグ

2wayや3wayタイプのキャリーバッグは、普段使いとして柔軟に利用できる機能性の高さが特徴

キャリーバッグは英語圏ではトロリーバッグとも呼ばれ、車輪が付いて移動できる便利さがメリットです。

旅行で利用し、ゴロゴロ音を流しながら移動するイメージが一般的です。

キャリーバッグの中には、地面に置いて利用する以外にも、肩にかけたり、背負ったりできる機能性の高い種類があります。

2wayや3wayタイプのものを選べば、普段使いとしても利用しやすくなります。

キャリーバッグとバックパックのそれぞれの特徴

キャリーバッグの利用で最も多いシーンは「旅行」です。

特に海外旅行のような荷物が多い場合には、車輪が付いていることから平坦な道の移動に便利です。

キャリーバッグはパッキングも簡単で利用しやすく、その上頑丈な仕様で鍵をかけることもできるため、セキュリティ面でも安心できます。

使用場面によっては、とても機能性の高いバックになります。

これ以外にも、旅行の際はバックパックを利用する場合があります。

バックパックは、キャリーバッグのように地面を転がすものではないため、どのような場面でも縦横無尽に利用できる点がメリットです。

しかし一方で、荷物が重くなれば背負うことが辛くなります。

セキュリティにもやや不安があり、頑丈性にも欠ける点がデメリットです。

キャリーバッグとバックパックには、それぞれでメリットとデメリットがあり、どちらを利用するかは旅行先や計画によって違ってくるでしょう。

車輪の付いたキャリーバッグのメリットと、機動性のあるバックパックの両方のメリットを活かしたい場合には、3wayタイプのキャリーバッグを選ぶことも効果的です。

このタイプであれば、旅行以外の普段使いとしても利用できるため、活用範囲が広がります。

キャリーバッグの弱点を克服した3wayタイプ

キャリーバッグは地面に転がして移動できるため、重い荷物も楽に運べる特徴があります。

頑丈にできており、耐久性の高いバックであることもメリットです。

一方で、状況によっては使いにくくなる場面もあります。

階段を登る場合には、車輪の特性を生かすことができません。

悪路のような道では、障害物によってうまく移動できない場合があります。

人混みの中でゴロゴロと音の鳴るキャリーバッグは、周りの目を気にしてしまうこともあるでしょう。

このような場面では、状況に合わせて肩掛け型やリュック型にも変更できるキャリーバッグであれば、ストレスの少ない利用ができておすすめです。

3wayタイプのキャリーバッグの特徴

3wayタイプとは、通常のキャリーバッグの機能に加えて、ショルダーバッグやリュックサックのような形式で利用できるものを意味します。

多機能型のキャリーバッグであれば、旅行以外にも、仕事の出張やプライベートの買い物などで利用回数を増やすことができます。

転がして移動することが難しい場面では、地面から離して持ち運びすることで、様々なシーンに合わせた対応ができる点もおすすめです。

ショルダーバッグやリュックサックのメリットは、駅の構内などの人混みの中で利用しやすい点です。

条件の悪い道でも、担いでいるため問題なく利用できます。

平坦な道ではキャリーバッグのメリットを活用しながら、不向きな場面ではショルダーバッグやリュックサックのメリットを利用できる便利さが3wayタイプにはあります。

リュック型で使用できるキャリーバッグは様々な場面で便利

特にリュック機能の付いたキャリーバッグは、持ち運びに効果を発揮します。

リュック型は、荷物を体全体で支えることになるため、肩掛けや手荷物よりも重さを感じることが少なくなります。

もちろんキャリーバッグ自体にも重量があるため、できるだけ軽いタイプのものを選ぶことも機能性を高めるポイントです。

特に女性にとっては、全体の重量が軽くなることはメリットが大きいです。

普段使いとして買い物での利用を考えている場合は、なおさらバッグ自体の重量を意識し、頻繁な使用に適しているかどうかの確認が大切です。

キャリーバッグのショルダー型やリュック型の利用は、もちろん音がやかましくなる心配もありません。

ショッピングのような人の多い場所でも安心して利用ができます。

2wayや3wayタイプであれば車輪が壊れても利用できる

車輪型のみのキャリーバッグで注意すべき点は、車輪が壊れてしまうと利用できなくなる点です。

実際の使用中に壊れるような事態になれば、非常に困ったことになります。

購入前には、車輪が大きくてしっかりしたものや、車輪の状態を確認しておく必要があります。

特に格安の製品の中には、車輪の状態に不安なものもあるため、耐久性についての確認をするなど、自分でよく調べておく必要があります。

製品自体に問題がなくても、利用の仕方が荒いとやはり車輪を傷める可能性があります。

悪路で無理に使用することや、物を詰め込みすぎて重量オーバーになることは避けるべきです。

車輪が外れるような最悪の場合であっても、2wayや3wayタイプであれば地面から離して持ち運びできるため便利です。

まとめ

キャリーバッグを購入する際には、できるだけ機能性の高いものにすることで、普段使いにも便利に活用できます。

コストパフォーマンスを考えれば、2wayや3wayのキャリーバッグは優れた商品と言えます。

自分自身がどのような場面で使用するかを考え、コスト面とも併せて比較検討すれば、自分に合った商品も見つけやすくなるでしょう。