キャリーバッグ

超軽量のキャリーバッグってやはりソフトタイプ?丈夫なハードでは無理?

旅行用のキャリーバッグを購入する時、まず何をチェックしますか。

もちろん大きさは大事です。

素材も大事です。

色だってデザインだって好みのものにしたいですよね。

でも忘れてはならないのが、キャリーバッグの自重です。

色々大切なことはあるけれど

旅行用のキャリーバッグを選ぶ時に、まず考えるのは大きさですね。

その旅行の日程に応じて、サイズを決めなくてはなりません。

多少、大は小を兼ねるとしても、やはり使い勝手のいい大きさであることは必須です。

ソフトタイプの素材のものにするか、ハードタイプのものにするかも、これも最初に決めなくてはいけません。

日本人の場合、やはり頑丈で切り裂かれる心配のないハードタイプが人気ですが、取り回しと使い勝手のいいソフトタイプも浸透してきました。

可愛いデザインや色も、これも吟味したいですね。

単に趣味の問題だけでなく、ターンテーブル上で目立つ色合いのものにすると、間違う確率が激減します。

お値段は、もちろんのことです。

予算内に収めていきましょう。

そしてこれも忘れてはいけないのが、自重です。

特に力に自信のない人の場合、この自重のチェックはしっかりとしたいものですね。

そこまで自重を重視するのは何故

自重を重視するのは何故か、つまりキャリーバッグというのはそのまま何も入れずに使うものではないからです。

旅行用の荷物というのは、衣類だけなら大した重さになりません。

しかし他の小物をあれこれ入れていると、かなりの重さになってしまうのです。

これが中に入るということを、忘れてはけませんね。

加えて、帰りにはお土産で荷物が増える可能性がある、ということも忘れてはなりません。

思ったよりも中身の重さは増える可能性大なのです。

このあたり計算に入れて、自重というものをよく考えることをおすすめしたいです。

完全バリアフリーというのは、空港などでは期待ができますが、日常の場ではまず期待はできません。

家から空港まででも、多少の段差のある場所思い当たりませんか。

そこで短時間ながらでも、持ち上げて下ろすという行動も入るのです。

重すぎる荷物は、どうにも手がつけられなくなります。

自重が軽量であればあるほど、こうしたトラブルも軽減されるのです。

超軽量と名前のついたキャリーバッグ

キャリーバッグはその特徴で、あれこれキャッチがついています。

超軽量というのも、その1つです。

超軽量はソフトタイプ素材の独壇場だったけど

少し前までは超軽量というキャリーバッグは、ソフトタイプの素材のものが圧倒的に多かったですね。

実際硬い頑丈な素材というものはどうしても、重量が大きくなってしまっていたのです。

ちなみに海外旅行黎明期の某有名スーツケースブランドの、大変に頑丈でしかも1週間用のスーツケース、自重だけで7キロあったものです。

キャスターは付いていましたが、今のキャリーバッグに比べると取り回しも良くなく、何より重くて扱いが大変でした。

しかし今では、素材の研究も進んできました。

なのでハードタイプの素材のものでも、自重に関して遜色が無くなってきたのです。

メーカー独自素材の開発も

大手メジャースーツケースブランドの、ハードタイプのキャリーバッグを見ていると、独自に開発した素材を使用、となっているものがあります。

実際どのメーカーでも、できるだけコスパ良くしかも利用者にアピールできる性能を持ったキャリーバッグ開発を、目指しているのです。

大手の場合こういった、独自での開発ができることがやはり強みですね。

もちろん新製品や、新しく開発された素材を利用しているものは、それなりにお値段が高いというのは事実です。

これは目をつぶるしか無いですね。

超軽量と名前がつくのはどの程度の自重

超軽量となっている場合の自重というのは、平均どの程度なのかも気になりますね。

もちろん大きさにもよりますが、機内持ち込み可能サイズ前後のサイズ、30リットルから36リットル程度で自重2キロ行かないものが、超軽量と言われています。

まあこのサイズの場合なら、2キロ以下であることが現在の条件ですね。

ただこのサイズはどちらかと言うと小さめ、数泊分の荷物がせいぜいといった感じがしますね。

サイズが大きくなればやはり、自重も増してきます。

2キロならかすごく軽い、と思うでしょうが実はこの重さ、ペットボトル飲料500ml4本分です。

そう考えると結構重いものだと思いませんか。

値段的に考えた場合

実はこの超軽量と言われる自重、ハードタイプのものがかなりソフトタイプのものに近づいているのです。

一概に、ハードタイプだから重い、ということが無くなってきています。

ただ、まだ軽い素材というのが一般的になっていないので、どうしてもお値段に問題が出てきます。

値段的にと使い勝手を見てみると、まだソフトタイプのもののほうに軍配が上がります。

丈夫でしっかりとしたハードタイプの軽量のものにするか、お値段重視で元々軽いソフトタイプのものにするか、思案のしどころですね。

まとめ

超軽量のキャリーバッグ、響きだけでも素敵です。

ありがたいことにハードタイプの素材も、次々に新しいものが出てきています。

なので超軽量というのも、言葉上だけのものではなくなってきているのです。

ただどうしても、ハードタイプのもので超軽量の場合、お財布にはあまり優しくないのが現状と、それも計算に入れておいてくださいね。