キャリーバッグ

ビジネスでのキャリーバッグの使用で気をつけることとは?出張などにはどう?

キャリーバッグというのは本当に便利なもので、普段の買い物から旅行にレジャーと幅広く使われています。

もちろんビジネスにも、キャリーバッグスタイルのビジネスバッグ利用者は多いですね。

出張時も、スーツケースよりもキャリーバッグを使う人が、多くなってきました。

ビジネスで利用するキャリーバッグとは

ビジネスバッグというものがあります。

自分が仕事で必要なものを入れて、持ち歩くバッグです。

ビジネスマンもウーマンも、これ必携のものになっていますね。

トートバッグや昔ながらのアタッシェケースのものまで、様々な種類のビジネスバッグが使われています。

キャリーバッグ使用者も、もちろんいないではありません。

特に大きな資料を持ち歩く時など、しかもサンプルなどもと言う場合には、普通のバッグよりも便利に持ち運べます。

重くてでも曲げたりシワがよったりしてはいけない紙の書類など、キャリーバッグを利用したほうが安全ですね。

しかし場合によっては、マナーに問題がと言われることもあります。

やはり、いわゆるフォーマルなバッグとは一線を画している、と言う感じなのは否めませんね。

ビジネスマンの旅行用には最適

完全なビジネスの場だと、ちょっとカジュアルすぎと言われる可能性のあるキャリーバッグですが、出張などには最適です。

身軽に軽快に見える

普通のスーツケースでももちろん問題はありませんが、キャリーバッグをさっそうと使っている姿というのは、若々しく軽快にしかも有能に見えるものです。

そのイメージを守るためにも、ダラダラと引きずるのではなく自分の身体に引き付けて、軽々と引いている感じを演出したいですね。

実際、後ろに引きずっていると周囲の人の迷惑にもあります。

きっちりと姿勢を正して、サクサクとキャリーを扱うようにしましょう。

荷物の区分けも簡単

特にソフトタイプのキャリーバッグの場合、ポケットの数も多く区分けも充分に利用できるものが多いです。

細かい普段使いの身だしなみ用の小物、これ男性でも結構数が必要ですね。

そうしたものを上手く分類できるキャリーバッグだと、ホテルに到着してすぐに身だしなみを整え、相手の会社に出向くことも短時間でできます。

スピーディーであることも、有能なビジネスマンの条件です。

相手の会社に出向く時には

キャリーバッグの場合、ビジネスバッグとしてはいささかカジュアルな部類に入ります。

つまり、出社する時に使うのには問題ないけれど、重要な取引先に持っていくにはいささか、と言うところですね。

出張の時も同じことですので、到着後出迎えがあって相手の会社に直行、というのでない限りは持ち込みはしないほうがおすすめです。

荷物になるのは仕方ないことですが、普通のビジネスバッグも1つ用意しておいて、必要な書類などをそちらに入れて改めて相手先に向かいましょう。

特に長めの出張で、大きめのキャリーバッグの場合はこれは必須です。

どんな色にしたら無難に使える

普通の旅行用のキャリーバッグなら、空港などで目立つように派手な色合いのほうがおすすめなのですが、ビジネス目的だと流石にそれは出来ませんね。

相手の会社の迎えが来ている可能性もありますから、やはり無難な色合いのものを利用することが望ましいです。

ブルー系のもの

ブルーと言っても色合いは様々です。

明るめのものから濃いめのものまで、自分の好みで選べるのが嬉しいですね。

普段着ている衣服、ビジネス用の衣服の色に合わせて選んでください。

衣服との兼ね合いも、相手にセンスをアピールできるチャンスです。

上手く利用してください。

ブラックのもの

最も安全で問題のない色です。

黒は元々、フォーマルな色なのです。

なので仕事でも問題なく使える色です。

またどんな色の衣服でも、問題なく調和が出来ます。

黒のキャリーバッグは1つあれば、仕事にも遊びにも利用ができるので、大変に便利です。

遊びの時にはステッカーとか貼って、仕事の時には剥がしておくのもおすすめですね。

シルバーのもの

金属的な感じのする、ちょっと冷たく感じる色合いですが、有能さも演出してくれます。

アルミ素材のキャリーバッグには多く見られる色ですね。

これも仕事に使うのに、何ら問題はありません。

もちろん遊びにも利用ができます。

難を言うと、黒とか青に比べて汚れや傷が目立つということですね。

特に仕事専用の場合、お手入れが不可欠になる色です。

白や象牙色のもの

安定したフォーマルカラーです。

シルバーよりも冷たさがなく、明るい人柄を演出してくれます。

これもどこに持っていっても問題のない色合いですので、安心して使ってください。

ただ汚れや傷については、シルバー以上に目立ってしまうので注意が必要です。

1回使ったら、お手入れを忘れないようにしたいですね。

まとめ

ビジネスマナーというもの、結構あるものです。

なのでキャリーバッグをこのビジネスで利用することにも、いささか気をつけなくてはいけないことがあるんですね。

もちろんこのビジネスマナー、会社や状況によっても変化します。

そのあたりも気をつけて、上手くキャリーバッグを利用してください。